「関東」タグの記事一覧(2 / 6ページ)

葛飾花火大会の最寄り駅やアクセス。穴場や有料席について

葛飾納涼花火大会

東京の葛飾納涼花火大会は都内でも屈指の花火大会で今年2016年で50回目を数えます。節目の開催に相応しく打ち上げ数も昨年より増えて1万5千発になり、今年も大勢の見物客で賑わうでしょう。初めて行かれる方のために最寄駅やアクセス、花火がよく見える穴場スポットや有料席についてご紹介します。

足立の花火の穴場スポットは?有料席はある?屋形船やホテルなら?

立川昭和記念公園 花火大会

夏の風物詩といえば花火大会。7月に開催される足立の花火は荒川河川敷から1万発もの花火が打ち上げられ大迫力です。今年は見に行きたいという方のためにどこで見るのがいいのか、出来るだけ混雑を避ける穴場スポットや有料席について、また屋形船や花火の見えるホテルについてご紹介します。

平塚七夕祭りの日程やアクセスと駐車場や屋台について

平塚七夕まつり

日本の三大七夕祭りの一つ平塚市の「湘南ひらつか七夕まつり」は約500本の絢爛豪華な七夕飾りが日本一といわれる豪華さです。期間中は七夕飾りのコンクールやパレードなどが行われ、毎年選ばれる湘南ひらつか織り姫も行事を盛り上げます。そこで今年の平塚七夕まつりの日程やアクセスと駐車場や屋台についてご紹介します。

横浜スパークリングトワイライトの穴場。混雑を避けて見る場所はどこ?

横浜スパークリングトワイライトは、山下公園周辺で昼間はパレードを楽しみ、シーサイドレストランで食事をして夜は花火を満喫できるので1日楽しめます。特に花火は人気ですから出来れば混雑しない場所でゆっくりと鑑賞したいですよね。そこで横浜スパークリングトワイライトの花火の穴場や混雑を避けて見える場所についてご紹介します。

アンデルセン公園の料金。割引券はコンビニ?JAFの割引はある?

ふなばしアンデルセン公園 割引

今話題の「ふなばしアンデルセン公園」。国内テーマパークランキングで3位になったことで行ってみたいという方も多いのではないでしょうか。園内は5つのゾーンに分かれていて子供を連れて1日楽しめそうです。そこで初めて出掛ける方のために「ふなばしアンデルセン公園」の料金や割引券についてご紹介します。

暑中見舞いの時期はいつ?関東と関西では違う?立秋を過ぎた場合は?

暑中見舞い

梅雨が明けて待ちに待った夏がやってくると日中はもちろん夜中も暑いですよね。そんな季節には暑中見舞いのハガキを送りましょう。でも暑中見舞いの時期はいつからいつまででしょうか。早すぎても遅すぎても失礼ですよね。関東や関西など地域によっても違うのでしょうか。立秋を過ぎてしまった場合はどうすればいいのでしょう。

千葉の海水浴場できれいな海はどこ?おすすめの穴場ビーチは?

千葉 海水浴場

夏といえば海!休日は友人と海水浴に行きたくなりますよね。きれいな海で夏を満喫したいですね。関東で行くなら千葉方面できれいな海を目指しましょう。そこで千葉の海水浴場できれいな海やおすすめの穴場をご紹介します。

山梨のさくらんぼ狩りの時期!おすすめスポットは?食べ放題はある?

さくらんぼ狩り

初夏はさくらんぼ狩りに行きたいですね。関東から車で出掛けるなら比較的近いのが山梨県です。山梨というとぶどうのイメージですが、他にも数多くのフルーツを生産していてさくらんぼの生産量は全国3位。休日はさくらんぼ狩りに出掛けてみませんか?そこで山梨のさくらんぼ狩りの時期やおすすめスポット、食べ放題についてご紹介します。

逗子花火大会2017の日程やアクセスと場所取りや混雑状況は?

海水浴でも人気の逗子海岸では毎年少し早い花火大会が開催され今年2017年で60回目を迎えます。7,000発の花火が海岸沖から上がる様子は迫力があり市内外から多くの来場者がある人気の花火大会です。そこで逗子海岸花火大会の日程やアクセス、場所取りの時間や混雑状況をご紹介します。

三社祭2017の日程とアクセスは?見どころや楽しみ方は?

三社祭

浅草の三社祭は江戸の大祭。毎年人出は150万人以上と大賑わいの活気ある東京のお祭りです。法被を羽織り威勢のいい男衆が御輿を担いで人混みの中を進む様は、その迫力に圧倒されます。今年初めて見物に行かれるという方のために三社祭の日程とアクセス、見どころや楽しみ方についてご紹介します。

このページの先頭へ