Warning: Use of undefined constant user_level - assumed 'user_level' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/dinosaur777/zatsugaku-chishiki.net/public_html/wp-content/plugins/ultimate-google-analytics/ultimate_ga.php on line 524

一人暮らしの物件探し!女性が安心できる部屋の条件と選び方は?


Warning: Use of undefined constant user_level - assumed 'user_level' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/dinosaur777/zatsugaku-chishiki.net/public_html/wp-content/plugins/ultimate-google-analytics/ultimate_ga.php on line 524

一人暮らしの物件探し

一人暮らし 物件

女性が一人暮らしを始めるとき一番気になるのが安全面。部屋選びの条件の中でもセキュリティーを重要視する方も多いと思います。

そこで安全に生活するためにはどんな物件を選ぶべきなのか、一人暮らしの物件探しのときに注意したい安全面やセキュリティーのこと。

また周辺環境のチェックポイントなどについてご紹介します。

スポンサードリンク

一人暮らしの物件探し!女性が安心して住める部屋の条件と選び方は?

これから始まる楽しみな一人暮らしですが、そのためには物件の選び方がとても大事です。一人暮らしを始めるとなると初期費用や引っ越し費用が結構かかるので住んでみてから失敗したと思ってもすぐに引っ越しできないなんてこともあります。

特に女性の一人暮らしは心細いものです。毎日不安で眠れないなんてことにならないように物件探し(部屋選び)は慎重にしたいですよね。

セキュリティーを重視した物件選びのポイント

オートロック

セキュリティーを考えるならオートロックははずせないでしょう。マンションでは来訪者が共用玄関(エントランス)で居住者を呼び居住者が来訪者を確認してからロックを解除する仕組みになっています。しかしこのオートロックも物件によって様々です。経験上、オートロックのドアの中には強引に力で開いてしまうようなドアもありますので内見の際に良く確認した方がいいでしょう。

TVモニター付きインターホンが理想

TVモニター付きインターホンであれば来訪者が誰であるかを確認することができます。宅急便なのか勧誘なのか事前に確認してからロックを解除できるので安心です。また通常のインターホンの場合は自分が声を発する必要がありますが、TVモニター付きの場合は相手を確認するために話す必要はありません。

エントランスロビーなどに防犯カメラが設置

エントランスロビーやエレベーター前またはエレベーター内など共用部分に防犯カメラが設置されている方がより安心です。

宅配ボックス設置の物件は便利

用心するなら宅配ボックス設置のマンションがいいでしょう。留守の場合は直接宅配便の配達員と荷物の受け渡しをする必要がなく、再配達を依頼しなくても荷物が受け取れるので便利です。入居すれば簡単な説明書がありますので操作方法も心配なく利用できます。

外階段や共用通路から入れない構造になっているか

オートロックと一緒にチェックするポイントは外階段と共用通路です。せっかくオートロックが設置されているマンションでも外階段や共用部分から簡単にマンション内に入れてしまうのはセキュリティー上万全とはいえません。外階段や共用部分に柵などがあり跨いで侵入できない、またしっかりと施錠されている必要があります。現地に行ったら確認してみましょう。

1階より2階以上の階に

部屋の階数は防犯上、2階以上の方がおすすめです。2階以上であれば絶対安全とはいえませんが、外部から侵入することを考えると1階に比べ2階以上の方が上らないとならないためより大変です。1階の部屋は通りすがりに覗かれたり、窓の鍵さえなんとかなれば簡単に侵入されてしまいます。

共用廊下が外から見えない

共用廊下部分も重要です。共用廊下が外から見えるとあなたがどの部屋に入ったかが丸見えです。たとえオートロックのマンションで簡単にマンション内に入れなくても調べる気になれば部屋の号数もわかり、号数がわかると郵便受けもわかってしまいます。共用廊下はマンションの外側から見えないのがいいでしょう。

部屋のドアは金属製で二重施錠

部屋のドアは金属製で耐久性がありしっかりとのぞき穴のあるものがベストです。またドアの鍵が二重施錠になっているか確認します。

部屋の窓

部屋の窓はベランダ側や共用廊下側などにあります。注意するのは窓を開けて何が見えるかです。マンションが密集した地域では窓を開けると隣のマンションの窓ということもあります。また自分のマンションより高いマンションの部屋からは自分の部屋が丸見えだったりしますので良く確認してみましょう。さらに共用廊下側にトイレや浴室、キッチンの窓があることがありますが、セキュリティーを考えるなら鉄の格子などがついている物件の方が安心です。

洗濯機置き場は室内に

洗濯機置き場は室内がベストです。築年数の古いマンションなどではベランダなどに洗濯機置き場がある場合もあります。室外にあると洗濯する度に窓を開けるので部屋の中も見えますし、部屋着で出れば外から見られてしまうので洗濯の度に着替える必要があります。

管理人常駐または大家さん

管理人常駐や敷地内や階上に大家さんがいるといざという時も安心です。マンションの中には共用玄関に管理人室があっても曜日や時間帯によってはいない場合もありますので実際に現地で確認した方がいいでしょう。

階段の踊り場などが外から見える構造
階段の踊り場などは外から見えにくい部分です。誰が潜んでいるかわかりません。外から見ても踊り場内が見える方がいいでしょう。

盗聴器が仕掛けられていないかチェック

女性の一人暮らしで心配なのが盗聴。そこまで神経質になる必要がないかもしれませんが、契約前には一度確認しておけば安心ですよね。

女性限定マンションや女性限定フロアのある物件

女性限定のマンションなら安心という方も多いはずです。入居者はあなたと同じように心配になって女性限定マンションを選んだ方が多いはずです。メリットとデメリットの両方がありますが、安全にと思うとメリットの方が大きいかもしれません。

スポンサードリンク

大事なのは建物だけじゃない周辺環境のチェックポイント

夜の周辺環境を確認する

物件探しは日中に内見するケースが多いですが、気に入った物件があれば夜の周辺環境を確認してみた方がいいでしょう。昼間は静かでも夜はにぎやかということはよくあります。最寄駅まで道も昼間は気持ちのいい公園が夜は真っ暗だったり、コンビニの前がたまり場だったり、駅前の通りは飲み屋街になっていたりと時間帯によって様変わりしていることもあります。

人気のない場所や立地

静かな環境が魅力的な物件は、人通りの少ない場所にあることもあります。特に最寄駅から離れているような場所で街灯もなければ要注意です。仕事帰りに真っ暗な人通りの少ない道を女性が毎日一人で帰ることを想像すると、とても安全とはいえません。

スポンサードリンク

まとめ

女性の一人暮らしの物件探しの部屋の条件と選び方についてご紹介しました。

全部の条件をクリアするのは難しいですが、部屋選びの際の参考になれば幸いです。

一度引越して住み始めてみると、すぐまた引っ越しするということは費用もかかり大変ですので慎重に探すのが一番です。

わからないことがあれば契約前に不動産屋の担当者に聞いておきましょう。

関連記事

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ


Warning: Use of undefined constant user_level - assumed 'user_level' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/dinosaur777/zatsugaku-chishiki.net/public_html/wp-content/plugins/ultimate-google-analytics/ultimate_ga.php on line 524

Warning: Use of undefined constant user_level - assumed 'user_level' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/dinosaur777/zatsugaku-chishiki.net/public_html/wp-content/plugins/ultimate-google-analytics/ultimate_ga.php on line 524