Warning: Use of undefined constant user_level - assumed 'user_level' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/dinosaur777/zatsugaku-chishiki.net/public_html/wp-content/plugins/ultimate-google-analytics/ultimate_ga.php on line 524

金運アップの財布の色は?購入時期と使いはじめはいつ?中身の金額は?


Warning: Use of undefined constant user_level - assumed 'user_level' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/dinosaur777/zatsugaku-chishiki.net/public_html/wp-content/plugins/ultimate-google-analytics/ultimate_ga.php on line 524

金運アップ 財布

財布 金運アップ

お金持ちになりたい、金運をアップさせたいということは誰しもが思うことですよね。

毎日持ち歩く財布は直接お金を出し入れするという点では一番重要です。

その財布の色と購入時期や使いはじめのタイミング、中身の金額についてご紹介します。

スポンサードリンク

金運アップの財布の色や形は?

財布はお金にとっては家のようなもの。お金は財布が居心地が良ければ出てもまたすぐ戻ってきてくれるといわれています。ほつれていたり、疲れてクタクタだったりすると金運が逃げてしまいます。そうならないように、新しい財布を購入するならどんな財布がいいのでしょうか。

金運アップの財布の色は?

風水では色が重要といいますが、何色がいいのでしょう。黄色い財布がいいと聞いたことがありますが、実際はどうなのでしょうか。

黄色の財布が金運アップにいい?
風水で金運の方位は西です。その西に関係のあるのが黄色といわれているため、財布は黄色が良いといわれます。しかし黄色はお金を引き寄せると同時に出ても行く金回りが良くなる色なのです。

財布でおすすめできないNGの色は?

青と赤です。

青(水色)は、水をイメージする青は本来節約の色です。無駄使いや衝動買いを抑えてくれる色ですが、お金が入ってくる色ではありません。また同系色の水色はまさに水のようにお金が流れ出ていきやすい色です。

赤は特に要注意です。火をイメージする赤は金運を燃やす色ですので出費がかさむ散財の色です。また、オレンジも同様に出費が増えその人が持つ金運を燃やす色なのでおすすめできません。

財布におすすめできないNGな色
青、水色、赤、オレンジ

では逆にお財布におすすめの色は何色でしょうか。

金色(ゴールド)や茶色、ピンクです。

金色(ゴールド)はお金が入ってくるというよりも堅実性が身につく色で、計画的にお金を使えるようになる色です。

茶色はお金を貯めることができる色です。ベージュも同様に貯めることができ清浄作用がある色なのでおすすめです。

ピンクは女性にとってはおすすめの色です。人との縁でお金が増える色といわれています。

お財布におすすめの色
金色(ゴールド)、茶色、ベージュ、ピンク
黒のお財布はどう?
黒は、お金を増やすということよりも今あるお金を守る色、お金を貯めることができる色です。既に貯金もあるなら黒がおすすめです。

このように見るとお財布で黒や茶が多いのは合わせやすく飽きの来ない無難な色というだけではなく、お金を貯めるという見方をしても金運アップに良い色なんです。

金運アップの財布の形は?

金運アップを願うなら財布は長財布がいいといわれています。

ではどうして長財布が折りたたみ式の財布よりも良いのでしょうか。

長財布が金運アップに良い理由
  • 長財布の方がお札が本来の形で収納できるためお金にストレスを与えないから。
  • 長財布の方がお札が楽に出入りしやすいから。

※お札とコインは別に収納するのがベスト。長財布と小銭入れを持つのがいいですね。

スポンサードリンク

金運アップの財布の購入時期と使いはじめはいつ?

金運アップのために財布を購入するとなると購入の時期や使い始めのタイミングも気になります。いつがいいのでしょうか。

金運アップに良い財布の購入時期について

財布には春財布秋財布という言葉があります。

春財布とは
春財布とは財布にお金がたくさん入って、財布が張る(膨らむ)ことから張る財布と言われています。春と張るが同音であることから、金運アップにつながり縁起のいいことから財布の買い替えには最適な時期のことです。

春財布の期間には諸説ありますが、概ね以下の冬至から啓蟄の前日までの期間が良いとされています。

冬至(12月21日頃)~雨水(2月19日頃)
立春(2月4日頃)~啓蟄の前日(3月4日頃)

秋財布とは

秋財布は作物の収穫時期から実りの財布といわれ、財布の購入には良い時期とされています。
しかし、秋財布の解釈にはよくない意味もあり、秋財布から同音の空き財布や飽き財布でお金が逃げて空になるというものです。

秋財布は概ね以下の期間が良いとされています。

秋分の日にあたる9月22日から11月24日まで

金運アップの財布の使いはじめはいつがいい?

金運アップを意識して財布を使い始めるならいつがいいのでしょうか。

財布の使いはじめは寅の日が良いとされています。

虎は黄色い縞模様があり金運の象徴です。虎は一瞬で千里の道を駆け巡り一瞬で戻って来ることから、この寅の日に財布を使い始めることが縁起がいいとされています。

<2016年の寅の日一覧>

1月 9日、21日
2月 2日、14日、26日
3月 9日、21日
4月 2日、14日、26日
5月 8日、20日
6月 1日、13日、25日
7月 7日、19日、31日
8月 12日、24日
9月 5日、17日、29日
10月 11日、23日
11月 4日、16日、28日
12月 10日、22日

金運アップの財布の中身の金額は?

財布の中身を整理整頓することから

財布の中身は、どうすればいいのでしょうか。財布は中身も重要です。お札の向きや金額もバラバラでレシートやポイントカードなどが混ざって収納されているのはお金に対して無関心な証拠です。金運アップを意識するなら財布の中身の整理整頓からです。

財布の中身を整理整頓
  • お札やお金にまつわるクレジットカードやキャッシュカード以外はいれない。
  • お札の種類(千円札、五千円札、一万円札)を金額ごとに揃えてしまう。
  • お札の向きを下向きにして揃える。

財布の中身の金額は?

お財布は最初に入れた金額を覚えているものです。財布を使い始める時はできるだけ多くのお金(お札)を入れておいた方がいいでしょう。すると、財布自身も常にこのぐらいのお金が入っているものと認識してその状態を保とうとしてくれるとされています。

このような見せ金や種銭はお金の呼び水のようなもので、お金の流れを良くして仲間を呼んでくれます。また大金を財布に入れることで、自分自身も財布を落とさないように大切にするようになり意識も慎重に変わります。

スポンサードリンク

まとめ

金運アップの財布について色や形、購入時期とつかいはじめ、また中身の金額についてご紹介しました。

これを機会に財布を新調するのもいいですね。

関連記事

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ


Warning: Use of undefined constant user_level - assumed 'user_level' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/dinosaur777/zatsugaku-chishiki.net/public_html/wp-content/plugins/ultimate-google-analytics/ultimate_ga.php on line 524

Warning: Use of undefined constant user_level - assumed 'user_level' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/dinosaur777/zatsugaku-chishiki.net/public_html/wp-content/plugins/ultimate-google-analytics/ultimate_ga.php on line 524