「関東」タグの記事一覧

幕張花火大会の日程。チケットや穴場と駐車場や交通規制について

幕張ビーチ花火フェスタ

幕張花火大会は、幕張ビーチ花火フェスタとして千葉市のウォーターフロント幕張の浜で開催される大規模な花火大会です。音楽花火や海上花火などが1時間に2万発打ち上がり見るものを魅了します。今年2017年に出掛ける方のために日程、有料席のチケットや穴場とホテル、駐車場や交通規制についてご紹介します。

厚木花火大会の穴場や有料席。駐車場はある?交通規制は?

あつぎ鮎まつり大花火大会

神奈川県厚木市で開催される厚木花火大会は正式名「あつぎ鮎まつり大花火大会」で、今年2017年で71回目を迎えます。3つの川の合流地点では約1万発の花火が打ち上げられます。今年初めて出掛ける方のために厚木花火大会の穴場や有料席、駐車場や交通規制についてご紹介します。

戸田橋花火大会の穴場や有料席。駐車場はある?交通規制は?

戸田橋花火大会

第63回戸田橋花火大会は、今年2016年は戸田市市制施行50周年記念行事として開催されます。荒川を挟んでいたばし花火大会と同時開催ということもあり、両岸合計の打ち上げ数は約1万2千発と迫力ある花火大会です。今年は車で出掛けようと思っている方に穴場や有料席、駐車場や交通規制などについてご紹介します。

板橋花火大会の穴場や最寄り駅。有料席の値段や屋台の場所は?

戸田橋花火大会

いたばし花火大会は今年2016年で57回目を迎え、都内最大級の尺5寸玉や関東最長級700mの大ナイアガラの滝などが人気の花火大会です。荒川を挟んで戸田橋花火大会と同時開催され、両岸合計の打ち上げ数は約1万2000発にもなります。そこで板橋花火大会穴場や最寄り駅、有料席の値段や屋台の場所についてご紹介します。

市川花火大会の日程や時間。穴場や場所取りと有料席や屋台など

市川市民納涼花火大会

千葉県市川市で開催される市川花火大会の正式名称は市川市民納涼花火大会で、東京都江戸川区と同時開催される大規模な花火大会です。江戸川河川敷で打ち上げられる1万発を超える花火は夏の夜空を綺麗に彩り見るものを魅了します。そこで今年2016年の市川の花火大会の日程や時間、穴場や場所取り、有料席や屋台についてご紹介します。

江戸川区花火大会の穴場と最寄り駅。場所取りの時間や有料席について

市川市民納涼花火大会

江戸川区花火大会は今年2016年で41回目の開催です。東京都江戸川区と千葉県市川市で同時開催する大規模な花火大会で毎年大勢の見物客が集まり大人気の花火大会です。この江戸川区花火大会の日程や打ち上げ場所、穴場や場所取りの時間、有料席についてご紹介します。

江東花火大会の日程と穴場や見える場所。屋形船のおすすめは?

江東花火大会

江東花火大会は今年2016年で34回目を数え、メイン会場の河川敷まで150mという至近距離で花火が観覧できるという豪華な花火大会です。昨年の人出は35万人と人気ですので、花火をどこで見るのがいいのか迷います。江東花火大会の日程と穴場や見える場所、また屋形船についてご紹介します。

神奈川新聞花火大会の穴場と見える場所は?場所取りの時間は?

神奈川県横浜市で行われる神奈川新聞花火大会は、今年2016年で31回目を迎えます。人気スポットみなとみらいエリアでの開催ということもあり例年多くの見物客で混雑します。どこで見るのがいいのか悩みますよね。そこで、神奈川新聞花火大会の穴場と見える場所や場所取りの時間についてご紹介します。

立川昭和記念公園の花火大会。穴場と混雑や場所取りの時間は?

立川昭和記念公園 花火大会

立川市にある国営昭和記念公園では毎年7月に恒例の花火大会が開催され今年2016年で58回目を迎えます。尺玉や1尺5寸玉など迫力のある演出が魅力的なので大勢の見物客が集まり例年の人出は36万人と大人気です。今年は近くで見たいと出掛ける方のために、良く見える穴場や混雑状況、また場所取りの時間についてご紹介します。

隅田川花火大会の穴場。見える場所と最寄り駅やアクセスは?

隅田川花火大会

隅田川花火大会は今年で39回目を迎え毎年テレビでも放送される大人気の花火大会です。今年はテレビではなく現地で見たいですよね。生で見る打ち上げ花火は音や迫力が違います。でもどこから見ればいいのでしょうか?そこで隅田川花火大会の穴場について見える場所と最寄り駅やアクセスをご紹介します。

このページの先頭へ