「マナー」の記事一覧

暑中見舞いの時期はいつ?関東と関西では違う?立秋を過ぎた場合は?

暑中見舞い

梅雨が明けて待ちに待った夏がやってくると日中はもちろん夜中も暑いですよね。そんな季節には暑中見舞いのハガキを送りましょう。でも暑中見舞いの時期はいつからいつまででしょうか。早すぎても遅すぎても失礼ですよね。関東や関西など地域によっても違うのでしょうか。立秋を過ぎてしまった場合はどうすればいいのでしょう。

お中元のお礼状。はがきの書き方は?上司から部下へ送る例文はコレ!

お中元 お礼状

お中元を頂いたらお礼状を送りますが、どのように書けばいいのか悩みますよね。普段から書き慣れていないと中々上手に書けないものです。会社の部下からお中元が届いた場合上司からはどのようなお礼状を書けばいいのでしょうか。そこでお中元のお礼状のはがきの書き方のポイントと上司が部下に向けて送る場合のお礼状の例文をご紹介します。

お中元のお返しは必要?金額の相場はいくら?熨斗の表書きはどうすればいい?

お中元 お礼状

お中元を頂いたときに考えてしまうお返しのこと。お返しは必要ないと聞きますが、貰っておいて何もしないのも気がかりです。お返しをする場合は頂いた品物の金額に対していくらぐらいが相場なのでしょうか?またその際の熨斗の表書きはどのように書くのがいいのでしょう。そこでお中元のお返しのマナーについてご紹介します。

お中元の時期はいつ?関西九州、名古屋で違う?贈答品マナー

お中元 お礼状

お中元はお盆の時期に日頃お世話になっている人に贈りますが、その時期は地方によっても違いがあります。そこでお中元を贈る時期がいつからいつまでなのか、関西や九州、名古屋ではいつ頃贈るのが良いのかなどお中元や贈答品のマナーについてご紹介します。

就職祝いのお返し!金額の相場は?品物は?のしの書き方は?

就職祝い お返し

就職祝いを頂いたときに迷うのがお返しのこと。就職祝いのお返しは必要ないのかなとも思うけど頂いておいて何もお返ししないのは失礼かもしれないですよね。お返しの金額の相場はいくらぐらいでしょう。また品物はどんなものを選べばいいのでしょうか。就職祝いののしの書き方などをご紹介します。

就職祝いの相場は?渡す時期は?のし袋の書き方は?

就職祝い

就職は高校や大学を卒業して社会人としての第1歩です。就職の内定が決まったら身内として新しい門出をお祝いしてあげたいですよね。就職祝いを贈るなら相場の金額はいくらぐらいなのでしょうか。渡す時期はいつ頃がいいのでしょう。のし袋の書き方など就職祝いについてご紹介します。

新入社員のスーツ!色の選び方は?何着必要?どこで買うべき?

新入社員 スーツ

春から新入社員となると必要なのはスーツですね。今までスーツなど買ったことがなければどんなスーツを買えばいいのかわからない方もいるでしょう。新入社員のスーツ選びで気をつける色や柄や、はじめは何着揃える必要があるのか、またどこで買えばいいのかについてご紹介します。

余寒見舞いとは?はがきそれとも手紙がいい?遅れた理由は書くべき?

余寒見舞い

年末年始は身内の入院や葬儀でバタバタしていて、やっと落ち着いたと思ったら、もう2月。寒中見舞いの時期を過ぎているから余寒見舞い?はがきで出す?それとも手紙の方がいい?遅れた理由は書いた方がいい?そこで余寒見舞いについてご紹介します。

新年会の挨拶の例文 乾杯の音頭は?締めの言葉は?新人は?

新年会 挨拶

新年になると早速あるのが新年会。会を締めるのに肝心なのが乾杯の挨拶や締めの挨拶です。挨拶を頼まれると緊張しますよね。新年会の乾杯の挨拶や締めの挨拶には、どんな言葉が適切なのでしょうか?また、新年会の挨拶で新人は何を言えばいいのでしょう。そこで新年会の挨拶の例文をご紹介します。

新年の挨拶メールの文例 上司には?社外には?お客様には?

新年の挨拶 メール

新年になって出勤すると、最初にチェックするのが休業中に届いているメールですよね。取引先などから様々なメールが届いています。一通り返信するのも大変な作業ですね。またこちらからも新年のご挨拶を書こうとすると手がとまります。なんて書こう?そこで上司や社外の取引先やお客様に向けて、新年の挨拶メールの文例をご紹介します。

このページの先頭へ