スーツのクリーニングの頻度!夏と冬の違いは?営業職の場合は?

スーツのクリーニングの頻度

スーツ クリーニング

毎日会社に出勤する時に着ているスーツ。汗やホコリで汚れるのでクリーニングに出しますが、その頻度はどのぐらいがいいのでしょうか。そこでクリーニングの頻度について夏や冬など季節による違いや営業職の場合をご紹介します。

スポンサードリンク

スーツのクリーニングの頻度はどのぐらい?

スーツの使用頻度の違いでクリーニングの頻度も違う

スーツのクリーニングの頻度は、そのシーズンに着るスーツの数やスーツを着用する頻度にもよります。またスーツのメンテナンスを毎日しっかりと行っているのとそうでないのとではスーツの汚れ方も変わってきます。

1シーズンに着るスーツの数
日々どのぐらいの数のスーツを交替で着るのかによっても1着のスーツの使用頻度が変わります。スーツのローテーションは1勤2休といわれますので1シーズンに最低3着のスーツを交替で着まわすのがいいでしょう。

スーツの着用頻度
仕事中は毎日スーツを着用するという方と会議や出張、取引先を訪問するときだけ着用する方では1シーズンあたりのスーツの着用頻度は異なります。

毎日スーツを着て仕事をしている場合のクリーニングの頻度は?

毎日仕事中はスーツを着ている場合は、1シーズンあたり1~2回のクリーニングが目安になります。春と秋に衣替えをする場合1シーズン3ヵ月に1度のクリーニングがベストです。またひどく汚れた場合やシミがついてしまったなどの場合は自分でメンテナンスできるのかクリーニングに出すべきか程度によってその都度検討するといいでしょう。

スーツをたまにしか着ない場合のクリーニングの頻度は?

スーツを着ることが会議や出張、取引先への訪問など月に数回程度とたまにしか着ない場合は1シーズンあたり1回のクリーニングで十分です。スーツを着るのが月に1~2回程度なら年に2回ある衣替えの度にそれまで着ていたスーツをクリーニングに出せばいいでしょう。

スーツは頻繁にクリーニングに出さない方がいい!?

スーツをクリーニングにだすとサッパリしてピシッとして着ていても気持ちがいいものです。しかし頻繁にクリーニングを利用するということはクリーニングの代金もそれなりにかかります。またスーツの生地を傷める可能性もあるためスーツ着用後はブラッシングなどのメンテナンスをしっかりと行い、クリーニングにださなくても大丈夫な状態をできるだけ長くキープするのがいいでしょう。

スポンサードリンク

スーツのクリーニングの頻度の夏と冬の違いは?

スーツは季節によってもクリーニングの頻度が違います。

暑い夏に1日中スーツを着用していると汗と臭いはどうしてもついてしまいます。それが冬の場合は外出するときにスーツの上にコートを羽織ったりするため、それほどスーツにホコリがついて汚れません。このように夏と冬ではスーツの汚れ方は異なりますのでクリーニングの頻度はどちらかというと夏の方が多く冬の方が少ないといえます。

夏のスーツのクリーニングの頻度は?

夏のスーツで汗をかいて気になるのは上着ではなくパンツの方です。スーツの上着は抱えていることも多くワイシャツの上に着るのでそれほどでもないですが、パンツは足の汗が直にピッタリと張り付きますから履いていて気持ちのいいものではありません。それが毎日ともなるとパンツだけは頻繁にクリーニングを利用したくなります。

しかしパンツだけを頻繁にクリーニングに出していると、いつの間にか生地の風合いや色が上着と違ってくることもあります。スーツを購入する時にパンツだけは同じものを2~3着購入して交替で履くのがいいでしょう。

それでも夏のスーツのクリーニングの頻度は1シーズンで2回が目安になります。汗をかきやすい体質の人や持っているスーツの数が少ない場合は状況に応じて1シーズンに3~4回クリーニングを利用する必要がでてくるかもしれません。臨機応変に対応しましょう。

冬のスーツのクリーニングの頻度は?

冬は夏と比べるとそれほど汗をかきません。スーツのクリーニングの頻度は春や秋と同様に1シーズンに1回程度で十分でしょう。その分冬はコートやマフラーがありますので、それらもシーズンが終わればクリーニングに出します。

スーツのクリーニングの頻度は営業職の場合はどうなる?

スーツを毎日着用して1日中客先へ足を運ぶ営業マンは、内勤の人に比べてスーツはホコリや汗で汚れやすくなります。また伺う先がお客様ということもあり身だしなみには人一倍気をつける必要があるためスーツのメンテナンスは重要です。

一般的にスーツのクリーニングは1シーズンに1回ですが、営業職の場合は状況によって1シーズンに2回ということもあるでしょう。これは持っているスーツの数にもよりますが、スーツの状態がよくないことで仕事に影響がないとはいえないため細心の注意を払う必要があります。

またスーツこそが営業職のユニフォームのようなものですから常に万全の状態にして相手に良い印象を持ってもらえるように心がけなければならないためです。

宅配クリーニングのおすすめ


リネット

スポンサードリンク

まとめ

スーツのクリーニングの頻度は持っているスーツの着数や使用頻度によっても異なります。

一般的には1シーズンで1回ですが、そのためには日頃のメンテナンスもしっかりとする必要があります。

夏場など汗を大量にかく季節は1シーズンに2回が目安になります。夏は上着よりもパンツの方が汗でくたびれやすいので夏用のスーツ購入の際はパンツのみ余分に買っておくといいでしょう。

また営業職の場合は季節を問わず1年中スーツを着ていて、尚且つ客先に出向いて仕事を獲得する必要があるため身だしなみには細心の注意が必要です。

相手に不快に思われないように必要に応じてスーツのクリーニングを利用しましょう。

関連記事

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ