名古屋港花火大会の日程。混雑を避ける穴場と駐車場や屋台の場所は?

名古屋港花火大会

海の日名古屋みなと祭花火大会

名古屋港花火大会は「海の日名古屋みなと祭」のラストを飾る花火大会で、今年2016年で70回を迎えます。愛知県名古屋市で開催され例年大勢の見物客でにぎわいます。今年初めて行かれる方に海の日名古屋みなと祭花火大会の日程や混雑を避ける穴場スポットと駐車場と屋台の場所についてご紹介します。

スポンサードリンク

名古屋港花火大会の日程と打ち上げ場所は?

名古屋みなと祭花火大会の今年2016年の開催日程と打ち上げ場所は以下になります。

開催日程
2016年7月18日(月)

開催時間
19:30~20:20

打ち上げ数
3,000発

打ち上げ場所
愛知県名古屋市港区 名古屋港ガーデンふ頭

アクセス
・名古屋市営地下鉄名港線 名古屋港駅すぐ
・名古屋市営地下鉄名港線築地口駅 徒歩約10分
・名古屋臨海高速鉄道あおなみ線稲永駅 徒歩約30分

名古屋港花火大会で混雑を避ける穴場スポットや花火が見える場所は?

名古屋港水族館の南側緑地
穴場スポットとしては定番ですが、打ち上げ場所からも近く花火がよく見える穴場です。

つどいの広場
つどいの広場もスペースのある花火が良く見える穴場です。当日は人が多いですが少人数であれば問題ないでしょう。

名古屋港ガーデンふ頭2号岸壁
日頃は開放されていない名古屋港ガーデンふ頭2号岸壁ですが、花火当日は例年17時から開放されます。3号岸壁にも近く花火がよく見える穴場スポットです。

スポンサードリンク

名古屋港花火大会のおすすめ駐車場はどこ?

駐車場を探す前に、花火大会当日は会場周辺では例年交通規制が実施され、広範囲で車両通行禁止になります。

車を駐車する場合、交通規制の区域外で花火会場に比較的近い駐車場もありますが、収容台数が少ないことから早い時間に満車になることが予想されますのであまりおすすめできません。また駐車場に入るまでの周辺道路の混雑や渋滞も予測できます。

駐車するなら交通規制がない国道23号線より北側のコインパーキングや有料駐車場、または花火会場から離れた駅の駅近駐車場に停めて公共交通機関を利用するのがいいでしょう。

名古屋港花火大会の屋台の場所はどこ?

花火大会というと屋台や出店が楽しみですよね。

名古屋みなと祭花火大会の屋台は、築地駅から名古屋港駅の道路に多数並んでいます。

花火会場に近く屋台も多いので夕方以降はとても混雑しています。

ゆっくりと屋台を楽しむなら出来るだけ早めの時間帯に利用して、夕方には見物場所に移動しておいた方が良さそうです。

スポンサードリンク

まとめ

名古屋みなと祭花火大会は40万人近い人出がある人気の花火大会です。花火会場から離れれば混雑は緩やかになりますが、少人数であればそれほど遠くに行かなくても見る場所はあると思います。

出掛ける際は交通規制による渋滞や混雑があるので車よりも公共交通機関の方がいいでしょう。

帰りはさらに混雑しますので、帰りの予定も考えておいた方がいいですね。

関連記事

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ