市川花火大会の日程や時間。穴場や場所取りと有料席や屋台など

市川花火大会

市川市民納涼花火大会

千葉県市川市で開催される市川花火大会の正式名称は市川市民納涼花火大会で、東京都江戸川区と同時開催される大規模な花火大会です。江戸川河川敷で打ち上げられる1万発を超える花火は夏の夜空を綺麗に彩り見るものを魅了します。そこで今年2016年の市川の花火大会の日程や時間、穴場や場所取り、有料席や屋台についてご紹介します。

スポンサードリンク

市川花火大会の日程や時間は?

開催日程:
2016年8月6日(土)
※荒天時は翌日2016年8月7日(日)に延期、7日も荒天の場合は中止

開催時間:
19:15~20:30

打ち上げ数:
14,000発

打ち上げ場所:
東京都江戸川区 江戸川河川敷

市川花火大会の穴場や場所取りは?

市川市民納涼花火大会は江戸川をはさんで東京側と千葉側の両方から見えることから多くの人が集まり大人気です。そのためどうしても混雑は避けられませんが、小さいお子さんやお年寄りの方がいたりすると少しでも空いているところがいいですよね。

江戸川の河川敷から打ち上げられるため、打ち上げ会場周辺の河川敷は人が多く川に沿って上流や下流に向けて移動してベストポジションを探すというのもいい方法です。
また、その他にも市川花火大会の穴場についてご紹介します。

行徳会場

行徳会場の最寄り駅は東京メトロ東西線「妙典駅」で、そこから徒歩約20分で行徳会場につきます。

打ち上げ場所からは離れています。その分混雑状況はメイン会場よりは緩やかですが、公式な観覧会場なので知る人も多くそれなりに人は多いです。

市川市大洲防災公園

大洲防災公園も穴場スポットとしては有名です。ただこちらも河川敷ほどの大混雑ではなく花火は見えます。

市川花火大会の場所取りは?

市川花火大会を鑑賞する江戸川河川敷では前日の正午まで警備員が巡回していてシートなどの場所取りは撤去されてしまいます。それ以降は警備員がいないということになりますが、通行人などの迷惑にならないように注意して、当日であれば早めの時間帯に到着するようにした方がいいでしょう。

スポンサードリンク

市川花火大会の有料席は?

市川市民納涼花火大会では花火が綺麗に見える有料席があり内容は以下になっています。

・桟敷席:1マス18,000円。1マス4名まで(180cm × 90cm)
※桟敷席は地面に板が置いてあります。

・ペア席:1シート10,000円。1シート2名まで(150cm × 90cm)
※ペア席は土手斜面と土手下平面の2種類あり、ブルーシートを張っています。
   
・イス席:1席6,000円。1席1名(パイプイス) 

◆市川市民納涼花火大会 有料席に関すること
http://www.ichikawa-hanabi.jp/qa.html

市川花火大会の屋台は?

市川市民納涼花火大会の屋台は、最寄り駅から土手や会場に向かう道に並びます。

例年多くの屋台が並びますが、花火の打ち上げ時間が近づくにつれて人も増えてきますので、早めの時間帯に立ち寄るのが良さそうです。

屋台は正午ごろから21時頃までなので、目当てのものは早めに押さえておきたいですね。

まとめ

花火大会に出掛けるときにあらかじめ予測しておきたいのが帰りの混雑のことです。花火が始まる前は徐々に人が集まりますが、花火が終わると一気に人が駅に押し寄せるため毎年メイン会場の最寄り駅は大混雑です。

駅前に暇をつぶせる場所があればいいですが、ない場合は暑い人混みの中で立ったまま駅に入れるのを待たないとならないかもしれません。

帰りに利用する候補になる駅を事前に確認しておいた方がスムーズです。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ