大濠花火大会の日程や時間。見える場所とおすすめレストランは?

大濠花火大会

大濠花火大会

福岡の大濠公園で開催される西日本大濠花火大会は今年2016年で54回目を迎え、360度鑑賞ができる立地の良さが魅力で九州の人気花火大会ランキングにも入る有名な花火大会です。そこで今年の開催日程や時間、花火を見る場所やレストランについてご紹介します。

スポンサードリンク

大濠花火大会の日程や時間は?

開催日程
2016年8月1日(月)
※荒天時は翌日2016年8月2日(火)に延期

開催時間
20:00~21:30

会場
大濠公園(福岡市中央区)

アクセス
福岡市営地下鉄空港線 大濠公園駅すぐ

打ち上げ数
6000発

打ち上げ場所

大濠花火大会の見える場所や穴場スポットは?

大濠公園で開催される西日本大濠花火大会は打ち上げ場所が大濠公園の中之島なので360度鑑賞できるというメリットがあります。打ち上げ場所は中之島の3箇所(北、中央、南)にわかれていて仕掛け花火はその間に散らばっています。中之島は南北に長いので、東側から見ると花火全体が楽しめ、南側から見ると花火が一直線上に並んで見えます。

お堀の周囲に設置してあるベンチ
花火がよく見える場所といえば真っ先に思い浮かぶのはお堀の周囲に設置されたベンチです。普段はいつ行っても座れるベンチですが、花火当日は朝から行った方がいいでしょう。

舞鶴公園(福岡城址)
地下鉄大濠公園駅より徒歩15分。大濠公園の東側に位置する舞鶴公園の福岡城址の天守台は花火鑑賞の意外な穴場です。花火を見ながら背景に夜景が広がりロマンティックなポイントです。

西公園(参道)
地下鉄大濠公園駅より徒歩20分。参道の階段を上ると高台になっていて大濠公園の花火が見えます。

ヤフードーム

最寄り駅は唐人町駅になります。駅から徒歩20分でヤフオクドームに着きます。ゲート周辺の高台の辺りなら花火が見えます。

福岡タワー
福岡タワーからも花火は見えます。展望料金がかかりますが室内なので涼しいのはいいですね。

大濠花火大会で大濠公園の場所取りの時間は?
大濠公園のお堀の周囲で場所取りをする場合は朝からがおすすめです。前日からの場所取りはできないので注意しましょう。

スポンサードリンク

大濠花火大会の花火が見えるおすすめレストランは?

大濠花火大会を食事を楽しみながら見たいという方のために、おすすめのレストランをご紹介します。

レストラン花の木

大濠花火大会を見るなら、やっぱりここ。大濠公園内という好立地のため人気のレストランです。

住所:福岡県福岡市中央区大濠公園1-3
HP:http://hananoki-f.jp/

フレンチレストランMORI

大濠花火大会イベントに合わせた「花火大会スペシャルディナー」は人気。一望できる夜景と花火を眺めグランドピアノの生演奏を聞きながらの食事は格別です。

住所:福岡県福岡市城南区東油山黒の原515-39
HP:http://www.restaurant-mori.com/33/

スポンサードリンク

まとめ

大濠花火大会は福岡の代表的な花火大会です。大濠公園駅は地下鉄で天神から二駅目と市内中心部からもアクセスが良く多くの見物客が訪れます。

お堀のどの向きから見ても花火が見えるので、鑑賞スポットが各方面にありますから会場周辺の混雑を見て諦めずにベストなビュースポットを探してみて下さい。

また大濠公園駅周辺のマンションに友人がいれば、一緒に花火鑑賞もいいですよね。

関連記事

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ